「高齢者の発話と嚥下の運動機能向上プログラム(Movement Therapy Program for Speech & Swallowing in the Elderly:MTPSSE)」は,ディサースリアと嚥下障害に対するハイブリッドアプローチとして開発されました.MTPSSEは,実施手続きが明確に規格化されているため,誰でも適切に予防・治療プランを立案し,実施し,ある程度同一レベルの効果が期待できます.すべてのクライアントに常に一定水準のサービスを提供可能なシステムの構築は言語聴覚療法の質を保証するための悲願であり,約10年の歳月を費やし,多くのブレイクスルーを経てここに完成致しました.