第4回日本ディサースリア学術集会を2018年7月15日(日)~7月16日(月・祝)の2日間、日本教育会館一ツ橋ホール(東京)で開催いたします(大会長:鈴木真生).

 本大会のテーマは,「ディサースリアと摂食嚥下障害を同時に治療する技能を身につける」です.治療技術セミナーなどの実践的な治療技術に直結するプログラムを多く企画しています.それらの内容は,これまでに本研究会が開催してきた一連のセミナーと同一ではなく,新しい技法を多数含んだものとなります.国内のディサースリアと摂食嚥下障害の領域を発展させるものとなることでしょう.とりわけ,ディサースリアと摂食嚥下障害の双方に効果的に働きかける体系的プログラムをできるだけわかりやすく講師の先生方に紹介して頂く予定です.

 研究会発足から15年を経て,私たちは新しい路を切り拓きたいと願っています.どうぞ,私たちとともに,新しい路を歩むべく,多くの臨床家が参加なさることを切にお待ち申しあげております.

 なお,一般演題の申し込みにつきましては,近日中に当研究会ホームページにて公開致します.ディサースリアと摂食嚥下障害のいずれも研究テーマとして応募可能です.多数の応募をお待ちしております.また,プログラム,事前登録期間などを含めて詳細な情報につきましても,やがてホームページ上でご連絡致します.早く皆様方にご連絡できるよう,大会長を中心として鋭意努力しています.

 何卒,万障お繰り合わせの上,ご参加くださりますよう御願い申しあげます.

一覧に戻る