AMSD講師認定講師一覧 
 
 阿部 尚子  下越病院
 磯野 千春  近畿大学病院
 鈴木 真生  多摩リハビリテーション学院
 高倉 祐樹  北海道医療大学
 中西 俊二  イムス札幌内科リハビリテーション病院  
 西尾 正輝  新潟医療福祉大学
 福永 真哉  川崎医療福祉大学
 松田 崇   あさひ総合病院
 福岡 達之  広島国際大学
 吉田 文子  西武学園医学技術専門学校
 

本研究会では,コロナ禍にあって,これまで第34回AMSD講習会と第35回AMSD講習会をコロナ禍にあって延期して参りました.ところが対面での実施がなおも困難であり,今後も対面で実施できる見通しが立たないという現状にあります.そこで,この度本研究会では,これ以上延期をするのは避けて第34回AMSD講習会と第35回AMSD講習会をオンラインで合同で実施できる環境を整えるよう配慮致しましたのでご連絡申し上げます.


第34回・35回合同 標準ディサースリア検査(AMSD)講習会
(延期に伴うWebセミナー)

日 時2021年11月5日(金)9:00 ~ 11月8日(月)22:00までの4日間

1日半分の講習会を何回でも視聴できます。

参加方法:事前登録後,連絡があったURLよりご参加ください.

主 催:日本ディサースリア臨床研究会

後 援:一般社団法人 兵庫県言語聴覚士会,一般社団法人 大阪府言語聴覚士会,一般社団法人 京都府言語聴覚士会,奈良県言語聴覚士会,滋賀県言語聴覚士会,一般社団法人 和歌山県言語聴覚士会,一般社団法人 岡山県言語聴覚士会,一般社団法人 広島県言語聴覚士会,一般社団法人 東京都言語聴覚士会,一般社団法人 千葉県言語聴覚士会,一般社団法人 茨城県言語聴覚士会,一般社団法人 栃木県言語聴覚士会,一般社団法人 群馬県言語聴覚士会

講 師:西尾正輝(新潟医療福祉大学),中西俊二(イムス札幌内科リハビリテーション病院)
福岡達之(広島国際大学),鈴木真生(多摩リハビリテーション学院専門学校)

定 員:300名(Web形式にしたことに伴い定員を拡大致しました)

受講料:15,000円(学生10,000円)(認定修了証,資料冊子,備品代金を含む)

【お申し込み方法】

 第 34 回・35 回合同標準ディサースリア検査(AMSD)講習会申込用フォームよりエントリーください.下の QR コードを読み取り,アクセスしてください.事情により,QR コードの読み取りが難しい場合は,下記事務局へメールでご連絡ください.
受付手続き終了後,受講許可証および受講料(事前振込制)の振込先を登録されたメールアドレスにお送りいたします.
 メール受信設定をされている方は,事務局のアドレス( gakujutsu@tama-riha.ac.jp)が受信できるよう設定をお願いいたします.

講習会申込用フォームはこちらもアクセスできます。

※事情により,インターネット経由でのお申し込みが難しい場合は,下記事務局へメールでご連絡ください.

【お問い合わせ先】

第 34 回・35 回合同標準ディサースリア検査講習会 事務局
〒198-0004 東京都青梅市根ヶ布1-642-1 多摩リハビリテーション学院専門学校内
E-mail:gakujutsu@tama-riha.ac.jp  TEL:0428-21-2001(代表) FAX:0428-21-2413
※お問合せはメールでお願い致します.

  • 標準ディサースリア検査(AMSD)では,AMSD を母体として開発された嚥下運動機能 検査(AMFD)講習会も兼ねます.講習会では,本検査の実施方法について講義ならびに実技演習を行います.初心者,学生の参加も十分可能です.
  • 高齢者の発話と嚥下の運動機能向上プログラム(MTPSSE)は,AMSD を基軸としています.今後,MTPSSE の使用を検討なさる方は,AMSD 講習会を受講しておかれることを推奨いたします.
  • 今回は,2 日目午後に症例提示に加えて,本研究会西尾会長によるミニセミナーを開催します.ミニセミナーでは,AMSD を軸にした新しいディサースリアと嚥下障害の評価と治療への応用技術について解説する予定です.
  • 2019 年度から本研究会で発足する認定制度(ディサースリア認定セラピスト)の資格を取得するために必須の講習会です.


案内のPDFはこちらから

 


 
標準ディサースリア検査(AMSD)は特許庁により商標登録が認可され,知的財産権が保障されています.したがって,標準ディサースリア検査もしくはAMSDの名称を用いて類似した検査法を作成すること,ならびに同検査法の改変や無断借用・引用等は違法行為であるので留意して下さるようお願い致します.